記事一覧

栄養素が凝縮される米

米

無農薬・無化学肥料を選ぶ

玄米はビタミン、ミネラル、たんぱく質など、人間の体に必要とされる栄養素が凝縮されている食材で、よく玄米は身体に良い食材といわれるのはそのためです。玄米の表皮にその栄養素が凝縮されており、そのまま炊いて食べることで健康を維持することができるようになります。しかし玄米は消化にあまり良いものではなく、しっかりと噛まなければ身体に負担をかけてしまいます。白飯の場合は、水の量にもよりますが、やわらかく消化にも良いものとなりますが、玄米の場合は表皮の硬さの影響もあり、よく噛まなければ胃腸に負担をかけてしまうといわれているため食べるときには注意が必要です。しかし、食べる際にしっかりと噛むことは普段の食生活ではとても大切なことで、たとえ玄米でなくても食事はちゃんと感で食べなければどの食材からでも胃腸に負担をかけてしまうものとなります。玄米だけしっかり駆んで食べるのではなく、どの食材でも噛む習慣を身につけることが大切です。その玄米を購入する際の選び方もあります。購入する際は、無農薬や無化学肥料のものを選ぶのが最適です。玄米の中には農薬を使っているものがあり、他の食材よりも農薬や化学肥料の影響を受けやすい食材といわれています。オンラインショッピングでもちゃんと無農薬かどうか説明で載せられているかを確かめ、購入することが大事です。健康のために玄米を食べるのであれば、身体に安全な者を選んで摂取していくことが重要です。

Copyright© 2018 玄米で健康を維持【食べるお米で栄養価が違う】 All Rights Reserved.